名刺はなぜ「刺」?

名刺は世界中で使用され、各国でそれぞれ発展してきたそうです。最も古い歴史は中国で、唐の時代の文献には木や竹製の名刺の記述が散見されたそうです。
「名刺」という言葉は中国の古語で、名前を書いた竹の札のことを「刺」と呼んでいたそうです。このことから、現代でも「刺」が使われているようです。

日本で名刺が使われ始めたとされるのは江戸時代で、和紙に墨で名前を書いて上記と同じ目的で使用されていたようです。江戸末期には印刷した名刺が使われ始め、来日した外国人と交流するために用いられたとされます。その後、一般の人々の間に普及していきました。