名刺の保管

名刺がたまってくると管理が大変になってきますよね。そこで名刺の保管方法のこつを少しご紹介します。
名刺は、相手の会社ごとに分けて名刺ホルダーなどで保管すると便利です。あまりにも数が多い場合はさらに会社名を50音順に分類しておくことで少し回避できます。年月が経ち、相手がが昇進や異動、役職などが変わったときは、挨拶とともに改めて名刺を受け取り、ホルダーの上に重ねて入れておくとよいでしょう。

また、スキャナを使用して、名刺をパソコンに読み込み整理することもできます。文字認識されでデータベースに登録・保存ができるので非常に便利です。データベースを使用すれば必要な取引先情報を一発検索で探し出せます。これがあれば、名刺そのものは名刺ボックスなどに簡単にまとめて、保存しておけばよいでしょう。